転んでもただでは起きない日常

アラフィフOLの読んで楽しい漫文ブログ 〜エンタメ・日常・アラフィフあるある〜

【水曜と木曜は注意!】電車内でケンカをしてはいけません、という話

水曜と木曜は電車内でケンカが多いらしい

 昨日、同僚がこんなことを言いました。

 

「水曜と木曜は、電車の中でケンカが多いんだよー」

 

ワタシはチャリ通勤していますので、平日はめったに電車に乗らないのですが、

その同僚は東急東横線JR山手線JR総武線を使っています。

はてさて、どの路線のお話なのかは不明ですが、たぶん全部混ぜてのお話だと思います。

 

この話を聞いてまず思ったのは、「やっぱりね〜」という納得感と「なんだか最近、みんなイラついてきてない〜?」という先行き不安感でした。

 

とにかく有休をとれ!

ものすごく普通の感想ですが、水曜と木曜にケンカが多い点に関しては、一週間の中で疲れが溜まってくる曜日だからそりゃそうでしょうね。

 

5日間連続で仕事をするから中頃でへばってくるわけで、中日の水曜は、取れる人は有休を取ればいいんじゃないでしょうか?

 

あっ今「有休取れるなら取りたいわ!!ボケが!!」、お怒りの声が聞こえてきましたよ。

 

しかしワタシは思うのですよ。

電車の中で知らない人とケンカするほどイライラするんなら休みなさいな、と。

 

たくさんの人がドン引きしながら、イライラしてワアワア騒ぐ醜い顔をしたあなたを見ているのです。

平静な状態ならこんなの恥ずかしくてたまんないっすよ。

 

まあ平静じゃなくなるほど感情が暴発しちゃうからケンカしちゃうんでしょうけど、どうしてもイライラを収めることができずにツライんですよ、自分も…ぐすん…って思ってるなら、

 

まず、休んで!!!

 

あなたが休んでイライラしなくなることで、未来の見知らぬケンカ相手もドン引きする周りの人もいなくなるんすよ。まるでタイムスリップ系の映画みたいだけど…

 

さらに、実は「あの人いつもイライラしててやりにくいな〜。少しは休めばいいのに…」と思っている仕事仲間がいたとしたら、その人もラクになるよ!

 

あなたがちょっと休むだけでみんながハッピーになるのだ!

 

そんなことわかってるけど、自分がいないと仕事が回らないんだよっ!って思っているかもしれませんが、だったら尚更ちょっとだけ有休取って休んでほしいなー☆

 

突然ぶっ倒れたらすべてがパアよ〜

知らない人とケンカしてタイーホされたりしたら全部がパアよ〜

 

あとね、「なんでこんなに自分は最近イライラしてんのか?」と疑問を持ってほしいの…

 

会社の人間関係?

家族の問題?

 

全部なにかしらの解決方法はあると思うよ。

(たいていの悩みの根源には家族関係があるんだけど)

まず、洗い出してみることからやってみてね。

 

最近、感情に任せて短絡的になる人が増えている気がするから、みんなが立ち止まって冷静に頭を働かせるようになるといいな、と思います。

 

すごかったおっさんたちの話

と、このブログにあるまじき真面目な話を書いてしまいましたが、

ワタシが実際に見たすごかったおっさんたちの話をひとつ。

 

 

まあまあ混んでいる、ある平日の帰宅時間帯の中央線。

ワタシはつり革につかまって立っていたんですが、目の前に座っていた二人のおじさんサラリーマンが、突然、

 

グッ!

グッ!

 

と、お互いに変な声を出しながら、肩と肩をぶっつけ合い始めたのです!

 

おじさんAが、おじさんBの体がきゅうきゅうで邪魔に感じたみたいで自分の肩をよじったっぽいのです。

で、それにイラっとしたおじさんBが自分の肩をよじって応酬した、と。

 

とてもどうでもいいきっかけです。

 

しかし、おじさんAとおじさんBの肩のぶつかり稽古は終わるどころかどんどんエスカレートする一方。

しまいには、「くおんのやろー!」「ぐうっ!」などと小声まで出し始めました。

横に座っている同士だから、お互いの顔は一切見ていません。

 

お互い、前を、向いたまま、肩をぶつけあう、おじさんたち。

 

呆気にとられながらも笑いを噛み殺してそれを見ているワタシ。


f:id:izumisawasan:20190731133144j:image

▲これぞ本当の「おっさんずラブ」

 

ある駅でおじさんBが立ち上がって、ほんの少しだけちらっとおじさんAを見てから降車してしまいました。

 

おじさんA はなぜか勝ち誇った表情で、ドッシリと座っていました。

 

おわり。

 

 

 

 ▼おっさんどもよ、ストレスは叫んで歌って発散しろい!!▼

大声で叫んで歌って、ストレス発散!

 

どうせなら笑って楽しく過ごしたいよね〜