転んでもただでは起きない日常

アラフィフOLの読んで楽しい漫文ブログ 〜エンタメ・日常・アラフィフあるある〜

【楽器の買取屋さん】ギターを売ってきた話【Greco】

ギターを売ってきた 

先日、押し入れに長年眠っていたMYギターを売ってきました。

 

▼コレ
f:id:izumisawasan:20190730202126j:image

ねえ知ってる~?

Grecoだよー!ぐれこぎたー!

Gretsch(グレッチ)じゃないよ~

これ、確か大学生の時に買ったんです。

 

えぇ・・・ワタシの記憶が正しければ~(古畑任三郎風に)

 

それほど乗り気でない友達二人をむりやり誘って「バンドやろうぜー!」と言い出したのはワタクシでありまして、そのワタクシ、急いで御茶ノ水のイシバシ楽器に向かって買ったのがコレ・・・

 

じゃなかったわ…

 

ISHIBASHIストラト

確かその時は、ストラトキャスター風ISHIBASHIギターとストラップ、ケースの3点セット1万円を買ったのです。

 

こういう形の黒/白のやつね。

 

ISHIBASHIオリジナルのストラトもどきは、持つとかっこいいんだけど弾いてるうちにすぐに弦が緩んでしまう、なかなかの難敵。

 

初心者だから、「ギターってこんなにすぐ弦が緩むんだ~!だからバンドのギターの人ってステージでいつもきゅっきゅきゅっきゅ巻いてるんだね!」と思って疑いませんでしたが、

バンドのギターの人がステージで弦を巻いているのは、曲を弾きまくっているからであり、一曲通してすらちゃんと弾けないド初心者のワタシが

 

ジャカジャカじゃーん!じゃかじゃじゃーーん!

 

ってやるだけで、明らかに音がぐにゃあ~んとなっていくのはやはりおかしかったのです。

いちまんえんクオリリーだったのです。

 

そのいちまんえんクオリリーISHIBASHIストラトは、数年で捨てました。

区にお金を払って粗大ごみとして捨てたのです。

ISHIBASHIって書いてある弦が緩みまくるエレキギターなんて売れるわけないし。

 

Grecoギター

で、その後に買ったのが写真のGrecoギターです。

「もう安物のギターは買わないぞ!ちゃんとしたのを買う!」

そんな決心を胸に秘めて、またもや御茶ノ水のイシバシ楽器に向かいました。

 

本当は、GRETSCHのギターが欲しかったんですが、金銭的にまったく手が届きませんでした。

それでこのGrecoで妥協したのです。

当時の価格で5万〜6万くらいだったかなあ?

 

こいつは、それから15年後に、おなじみ「かぼす」で使ったくらいでほとんど押入れの中で眠り続ける眠り姫も真っ青の眠りっぷりを誇りましたが、(引っ越しのたびに一応持って行ってた) さすがにもう要らんわ!売れるかわからんけど売りに行ってみよう!!と思い立ったのです。

 

高円寺の専門店に売りに行った

東京のJR中央線沿いには、愉快な街が揃っています。

特に「高円寺」は、ロックな街・阿波踊りの街として知られています。

 

ワタシはチャリで20分ほどのところに住んでいるのでよく遊びに行くのですが、ギターなどの中古楽器を売買する店を見かけていたので、そちらに持って行ったのです。

 

ええ…

ママチャリの後ろカゴにギターの下半分を突っ込んで、ショルダーストラップを肩にかけてです。

 

おばちゃんなのかロッカーなのか…


f:id:izumisawasan:20190731115224j:image

 

おばちゃん?ロッカー?おばちゃん?ロッカー?

まあ、おばちゃんロッカーなんですけど。

 

まあ、そんなこんなで行き交う人々の好奇の目に晒されながら、高円寺の専門店に持って行ったらば、なんと!

 

1万円で売れたのです☆

 

しかも、店のおじさん、めちゃ詳しくていろいろ説明してくれたし!

このGrecoギター、意外と高値で取り引きされてるんだって〜!

でもワタシのは、長期保管が原因でネックが反っちゃってたみたいで、とても申し訳なさそうに「一万円で…」と言われました。

 

いやいやいやいや…

無料引き取りになるかと思ってたぐらいだから、飛び上がって喜んじゃいましたよ!

お金くれるの〜?わあい☆って。

小汚いケースやシールドも引き取ってくれたし。

 

こんなん、ヘタこいて廃品回収車なんかに出そうもんなら逆にお金取られるでしょ!

価値全然わかんないんだから。

 

やっぱり、モノを売る時は

専門の業者に売るに限りますな☆

 

楽器の買取屋さんがスゴい

ワタシみたいに、運良く近くに専門の店があるなんてなかなかないから、楽器を売りたいなーと思ったら、ネットで専門店を見つけて見積もってもらうのがいいと思います。

 

先日のA8フェスティバルで、たまたま「楽器の買取屋さん」というブースの前を通りかかり、お兄さんから説明を受けました。

 

KISSTシャツを着て、いかにもロック好きな気のいい感じのお兄さん。

彼はなんと某ベース専門誌の元編集者で、こういう業態にとても共感してこちらに転職したとのこと。

 

下記、カンタンに聞いた内容を箇条書きします。

 

●電話一本ですぐに買取に行きます。

 

●どこでもすぐに伺います。(拠点がいくつかあるので、北海道と沖縄はちょっとかかるけど本州ならどこにでもすぐ駆けつけられる、とのこと)

 

●壊れていても大丈夫!

「えっ?どんだけ壊れててもっ?」と聞いたら、「さすがに、キーが1個しか残ってないキーボードとかは難しいですね…」とのこと。

あんまりひどくない限り、大丈夫みたい。

 

●とにかく電話をくれれば、すぐに出張買取に行きます!!←ここ、すごく強調してた

 

 

▼いただいたパンフより▼
f:id:izumisawasan:20190801093533j:image

 

今回ワタシ、ママチャリでギター売りに行ったけど、たまたま涼しい日だったからできたんであって、最近の猛烈な暑さでこんなことしたら大変ですからね〜!

(Tシャツが塩で真っ白に・・・)

 

まず、こんなメーカーのこんな状態のギター(楽器)ですけど…って連絡してみて、すぐ来てもらってお金もらって持って行ってくれるんなら、こんなラクなことないッスよ!!

 

そんで、査定もちゃんとしたプロの人がやってくれるようだし、粗大ごみでお金払って捨てちゃうより連絡だけしてみたら幸せになれるかもしれませんよっ! 

 

▼査定員の人の紹介
f:id:izumisawasan:20190801093612j:image    

 

バンドやろうぜ!って楽器買ったはいいけど、押入れに入れっぱなしの人、かなりいると思うの…

 

使う気がないなら、さっさと売ったほうがスッキリするしお金も手に入るからいいわよ〜☆

 

ぜんぜん怪しくなかったよ〜!

超オススメします☆

 

 

 

おまけこーなー
f:id:izumisawasan:20190730202137j:image

ギターコード表と、「かぼす」で使ったマドンナのCrazy for Youとハンソンのmmm...bupのタブ譜。

 

まだまだベースは捨てられない…