転んでもただでは起きない日常

アラフィフOLの読んで楽しい漫文ブログ 〜エンタメ・日常・アラフィフあるある〜

会社の人から嫌な目にあわされたので気をそらそうと奮闘している話

スポンサーリンク

昨日頭にきた

もう~~~~~!!!

またジャイアンにイヤな目にあわされたよーーーー!!

多分そいつ、今ごろパフェとか食ってるよ。

 

まさに今、この本が役に立ちそうです。

そう思ってさっそく試し読みしてみました。

ちょっとだけでしたけど、全部読みたくなるぐらいスッとしました。

 

アイツ、なんも考えないで人のこと傷つけやがって・・・

 

解説の名越先生が「実は傷つけている人の心の方がヤバイ」というようなことを書かれていましたが、ワタシもちょっとそれ感じていて、昨日、ジャイアンが行なったことに関して質問したワタシに対して、

「泉沢さんさあ~・・・もうちょっとよく考えてから人に聞いてくださいよー」

と言って、端から解説することを拒否したジャイアンの方がヤバイんじゃないかな・・・と思ったんですよね。

 

ふつう、教えませんか???

 

めんどくさいんだか、自分が非難されたと思ったんだか、「泉沢はダメなヤツ」と思い込んでいるからなのかわかりませんけど、

まず、こういうことを人に言ったらこう思うだろうな、と考えることができない人なんだろうなー・・・

 

そのうち必ず痛い目に遭うと思います。

 

いや、もうすでに遭ってるかもしれないけど、本人は「失敗しても過去のことはすぐ忘れるようにしていますw」なんて言ってたから忘れてるんだろうけど。

ワタシといえば、昨日イヤな目に遭ったことを忘れるどころかいつまでも引きずって、このように家ですごい形相をしながらブログを書いているというのに・・・!

 

いいんです

いいんです

 

それでも昨日は、気の利いたことをして、会社の数名から「ありがとうございます!おかげですごく助かりました!」と返事をいただいたことがあったのです。

う、嬉しかったな~

というふうに、いいこともあるし嫌なこともあるんだけど、それでもやっぱり組織に属して働くのつらいんすよね・・・

 

なんでかっつーと、極端に「人から嫌われるのが怖い」性格だからなのです。

 

しかし、テレワークをしている職場での人間関係、この間、たいしてみんな他の人のことを考えていない、なんてことを書きましたが、最近、なかなかみなさんストレスが溜まってきているようで毎日出社しているワタシが実際に見た光景がこちらです。

 

先日、中堅のAさんが「どうかと思うんですよ!Bさんのこと。この前も出社してきて○○をやるべきだったんじゃないですか!?来ないのはどうかと思いますよ!」と熱くリーダーに訴えていました。

 

Bさんは去年異動してきたばかりの人です。

で、昨日、AさんはテレワークでBさんが出社してくる日でした。

Bさんは「Aさんって、いっつも潔癖すぎてこわいんですよ!あんなに神経質になるのどうなんですか??」と同じリーダーに熱く訴えていました。

 

AさんからもBさんからもお互いに対して訴えられたリーダーは、それぞれに「うーん・・・そうだよねえ・・・」と同意していましたが、正直めんどくさげでした。

 

そしてAさんもBさんもいない時は他のグループの人にAさんとBさんの悪口を言っていたので、ネガティブなものがグルグルしているだけだな~・・・と思いました。

 

人から嫌われるのがイヤだっつっても、このようにぜったい誰かが誰かのことを悪く言っているのですから、これはもう、そんなものなんだと思うしかないよね~。

 

でも、自分は自分だから他人からどう思われようとどうでもいい、なんて言ってもそんなのわかっとるわい!!!でもなかなかできんのよねー

 

いろんな心理学本を読んだりしてもね~結局自分の認知を変えることができないと意味がないんですよ。

 

やままさんのエッセイがよかった

認知を変えるのはなかなか難しくて、そこらへんの苦しみを軽妙なエッセイでつづられているのが、ワタシが敬愛しているブロガーやままさん(id:yamama48)の最新Kindle本「妖怪べきねば」。

 

▲アンリミテッド対象です!▲ 

 

やままさんには2回ほどお会いしたことがあるのですが、きれいだし頭が良さそうだしフレンドリーだしでとってもすてきな方なの~

やままさんがいつもブログやSNSでつぶやいている悩みごとがまとめられているこの本、共感しかありませんでした!!!!!

 

やままさん、共感しかありませんよ!!!!!!ワタシもいまだにやままさんと同じです!!!!

 

カウンセリング目線で言わせてもらうと、この妖怪は、根源に「家族関係」がある気がしています。今の家族関係だけでなく、幼少時の親とのかかわりが大きいんじゃないかな・・・

 

だってですよ、いまだにワタシ、親から怒られることが怖いんです。

異動になってあまりにツラいから「もうやめようかと思ってるんだけど…」と母親に漏らしたら、

「アンタ!仕事辞めてどうすんの?!ぜったい頑張りなさい!!!」と怒られました・・・

動けないけど会話はできる父親からも「お前、お父さんもがんばってるんだから頑張りなさい!!なんのために学校に行って勉強してきたんだ?!」と言われました。

 

えーーーん。そんなこと言われたらキツイよ~~~!

 

ちなみに、ワタシの弟は昔からぜんぜんそういうの気に留めず好きなことをするタイプなので、兄弟の上は損なタイプだとずっと思っています。

それはともかく、やままさんのエッセイ、ワタシのように共感できる人が多いんじゃないかなあ?

あんなにステキなやままさんがこんなに悩んでいるのか・・・と、ワタシだけじゃないんだ、と思うだけでちょっとスッキリさせられるので大変ありがたかったです。

 

適応障害になりそーと思ったら

あ、この前図書館で借りたこの本も良かったです!

 

 

これを書かれたお医者さんは、大病院で勤めていた時に悩んだことがあって先輩の精神科の医者に相談してもぜんぜん解決できなかったということがあったそうです。 

で、実際的な解決法がないかと考えて書かれた本なので、

単なる精神論ではなく、認知の変え方のコツや休職の方法、薬についてまでいろいろ具体的に載っていてなかなか役に立ちました!

 

会社の人間関係などで悩んでいる方みなさんにオススメです!

 

というわけで、やっぱりこのようにブログを書くのが一番ストレス解消になっている気がしてきました。

あと、今日から有休とって5連休になる、つーのもいいですわ!

 

家で好きなことやってるのサイコ―!