転んでもただでは起きない日常

アラフィフOLの読んで楽しいなんでも雑記 〜エンタメ・日常・アラフィフあるある〜

ライブに行ったらスマホで撮影する人がたくさんいて驚いた話

ライブに行ってきた

金曜日、会社を早退してライブに行って来ました。

 

場所は豊洲PITです。

ここ、けっこう広いんですが、なんというか、鉄骨と鉄板でとりあえずデカく作りました!という感じの殺風景なハコで、豊洲の、周りに幹線道路しかないような場所だから多少音が漏れてもいいや感に溢れておりました。

 

きっと数年後には取り壊す予定なんだと思います。

行ってみたい方は早めに行っておいた方がいいかもしれません。

toyosu-pit.team-smile.org

 

昔、汐留にPITがありました。

そこで泉沢は生まれて初めてライブを見たのです。

 

今は亡き「宝島」というサブカル雑誌主催のいろんなバンドが出演するイベント。

 

当時はバンドブームが始まったばかりくらいの時期で、

ジュンスカや筋肉少女帯、BUCK-TICK、レピッシュ(ファンクラブに入ってた)などが出てきて、18歳だったワタシは大興奮でラバーソール履いた重たい足でぴょんぴょん飛び跳ねまくりました。

 

よく、あんな、ゴムの塊を履いて飛び跳ねたもんです。

 

▼まだ売ってることに驚愕!▼

(すげえ…)

 

今、「ジュンスカや筋肉少女帯、BUCK-TICK、レピッシュ」と書きましたが、これらのバンドが休止中とかがあるにせよまだあるのがスゴイですよ!

 

ここらへんのバンドについてはまた詳しく思い出話として書きたいと思いますけど、汐留PITも確か10年ほどでなくなったんじゃなかったかなあ?

同じPITという名前だから、豊洲PITもなくなる運命なんだと思うのです。

あの雑な作りはぜったいそうです!

 

ライブについて

で、ワタシ、このバンドが来日したら絶対ライブに行くほどの長年のファンなんですが、前回3~4年前の来日の時にはまだ「スマホなどでの写真撮影や動画撮影は禁止」ってことになっていましたが、

今回は誰も気にせずにみーんなスマホを掲げて撮影していたのです!!

 

えーーー!!

そんなことやっていいんかいな??

 

何年か前、他のアーティストのライブで、スタッフに怒られて没収されている人を見ましたよ…

どういうこっちゃ??

いっしょに行った友人が言うには「もう私たちのころの常識とは違うんですよ~」とのこと。

 

「ええっ?そうなの~?」

 

「そうですよ~、ネットでがんがんライブ映像、アップされてますよ~」

 

「ふふぇ~」

 

以前書いた気がしますが、西新宿のブートレコード&ビデオの店で働いたことがあるワタシとしては驚き、つーか世の中の動きの激しさに恐怖すら感じてしまいます。

 

だって、海外の謎の外人から毎週、ライブ映像やテレビ放送のマスタービデオが送られてきて、それをダビングして、一本3000円で売って儲けていたんですよ!

まあそれも90年代がピークでしたけど。

 

それにしても、無料でライブ映像が見れるんなら、ぎゅーぎゅーで、汗臭いヤロウどもに混ざって、首や肩を痛めながら見る必要もないじゃないっすか!!

それでもやっぱり、楽に見るよりつらい思いをしながら見る方が楽しいと感じるのはなんでなんでしょうかね?

 

いまだに、ぴょんぴょん跳ねながら、腕をぶんぶん挙げていっしょに歌いながら見てしまうアラフィフの自分が…

 

好きだ!!!!!

 

あとさー、スマホで撮影しながら見るのってけっこう大変なんじゃないかと思うの。

撮影して後で楽しみたいから。とか、ネットに上げてみんなに感謝されたい(儲けたい)から。とか理由があるにせよ、せっかくの、今この時間限りの体験なんだから、楽しまなくてどうすんだ?って思うんです。

撮影に気をとられて大切なことを見失っていませんか?と。

 

まあそんなことを言いつつ、実はワタシも写真を撮ってきたんですよ!

 


f:id:izumisawasan:20190929102659j:image 

これは、始まる前のセッティングの時の写真だから問題ないっすよ!

(ね、撮ってる人いるっしょ?)

 

で、もう一枚撮ろうとしたら、

急にフラッシュが起動しちゃって、

 
f:id:izumisawasan:20190929102708j:image

 

こんな写真が撮れてしまったんですけど、

フラッシュに不快感を示した周囲の人たちに、ものすごい視線を浴びてしまいました…

 

いや、もう、

くっきりはっきりと「あんた、やめろよ!」という心の声が聞こえてきましたね。

エスパーでもないのにさあ、びびーーーん!と頭の中に響いてきたの。

 

そりゃ悪かったけど、まだライブ前ですから…

こわいよ、こわいよ~

 

ちなみに友人は平気でライブ中もがんがんスマホを向けて撮影していましたが、日曜日の今日まで撮影した写真を送ってきてはくれません。

 

あまり期待はしていませんが、送ってきてくれたら嬉しいんだけどな、っと。

 

友人はネット警察

先ほどから、このライブはいったい誰のライブなんだい?と思われている方も少しはいるかもしれないので、書きたいんですけど、

いっしょに行った友人というのが、ゴールドレベルのネット警察の人なので、一発でワタシを見つけられそうで書けないのです。

 

今回も、久しぶりだったので近況報告をお互いにしたんですが、友人の近況報告の方は、自分のことよりも、共通の知り合いの人の近況報告ばかりで、しかもそれもすべてネットで調べたものばかり。

 

「〇〇さんは今、どこどこにいてこの前家買ったみたいですよー!フェイスブックで見ました!」とか「▲▲さんの最近の写真を見たらきれいなままでしたよー!ツイッターで見たんです!」とか「ダンナの昔のブログをこの前見つけちゃって~、ずーっと読み込んでたら夜になっちゃいましたー」とか。

 

そんな人が、今回のこの出演アーティスト情報を隅々までチェックするのは間違いないわけで、前日にも別の場所でライブをしていたのでその情報をくまなくチェックし、セットリストなどいろいろと教えてくれました。

 

ワタシは正直そこまで知る必要はなく、ぶっつけ本番?でライブに臨みたかったので、ありがた迷惑とはこのことだな…と思いながら聞いていました。

 

この人にかかったらあっという間にワタシ、特定されてしまいそう…

 

というわけで、はっきりと書けませんが、ウェールズの国民的バンドで、ギターの人が20年前くらいに行方不明になったままのバンド、というヒントは書いておきます。

 

ウェールズってラグビーが強いから、今回のラグビーワールドカップのために来日して、ついでに見に来たぜ!みたいなゴッツイ白人さんもたくさんいました。

その人たちは、ライブ中でもしょっちゅう出入りしてビールをかっくらっていたよ!

日本のビールってどう感じるのかな?薄いから飲みやすいぜーーーって思ってそうだな~。

 

 

 

ライブ自体は最高でした~!!