転んでもただでは起きない日常

アラフィフOLの読んで楽しい漫文ブログ 〜エンタメ・日常・アラフィフあるある〜

JRみどりの窓口での出来事【クレーマーおじさん】

JRみどりの窓口で

昨日、みどりの窓口が鬼混雑していた、という話を書きましたけど、 

ワタシ、ふだん全然使わないので、新鮮だったというか、

こんなにまだ昭和感が残ってる空間があるんだ!と感動しちゃったんですよ。

 

だって、ネットでちょちょっとすぐに何でも予約できちゃう世の中なのに、いまだに「東京から青森まで。何月何日何時頃の切符を買いたいんだけど・・・」なんて言ったり、「北陸新幹線はどうなるのよっ?」なんてわざわざ聞きに来たり、「ここからなんとか駅まで何分ぐらいかかる?」なんて聞いたりする中高年たちがいっぱいいたのです!

 

 

いや〜!

こりゃあ、まだしばらくは対面式の問い合わせカウンターってなくならないかもな〜

 

 

とはいえ、絶対的に少なくなるはずです。

レジまでオートになってきているというのに、こういう人たちはこれからいったいどうするんでしょうか?

 

確かに、ワタシの母と近所のスーパーに買い物に行った時、有人レジはものすごい行列なのにセルフレジはガラガラでしたし、母も「いいよいいよ、こっちで待ってれば・・・」なんて言って有人レジに並んじゃってるんですよね!

 

ワタシ、もうイライラしちゃって、「こっちでやれるから!」つってセルフの方に連れてってバババッとレジしちゃったんですけど、「はあ〜!アンタすごいねえ!お母さんぜったいできないわ〜」と感心されてしまいました。

 (いや、やらないといかんくなるんじゃが…)

 

ワタシはアラフィフですけど、まだなんとか時代について行ってるギリギリの世代なのかもしれません。わかんないけど。

でも、世代っていうより、要は「コレ便利そうだからやってみよう!!」という好奇心とチャレンジ心だと思うんですよね〜

 

どうしても人間は楽したいと思うと思考が止まりがちだし、新しいことをやる元気がなくなっちゃいますから、そこを如何に突っ込んでいけるかどうかがカギなんだと思うの・・・

 

もう突っ込んでいかないと、生きていけない!!ぐらいには進んできていると思うんですけどねっ!

情報にしたって、新聞じゃ遅いし、テレビだって偏ってるしねえ…

ネットで、いろんな方向から一つの出来事を見る癖をつけないといけないんじゃないかなあ?

 

もうね、

 

情報も予約も買い物もなんもかも、自分で取っていかなきゃならんのですたい!!

 

というわけで、みどりの窓口の行列にわざわざ並んでまでJRの職員になんでも聞いちゃえって考えの人たちは、もう時代に取り残されて損しちゃう人たちなのです。

 

すでにこんな行列に並んでる時点で時間をロスしとるんやでー!おじちゃんおばちゃんたちよ〜

 

クレーマーおじさん

損しているのは時代遅れの人たちだけではありません。

どうでもいい話を聞かされたり、いくら説明してもわかってくれない人を相手にして消耗する職員の人たちだって大変です。

 

先日はこんな人がいました。

 

さっきから2つの窓口の左側の方にずーっといる60代くらいのおじさんです。

 

上下毛玉だらけのジャージ姿で、足をプラプラさせながらカウンターに肘を載せて、横柄な態度で職員さんに話をしています。

 

「あのさー、どんだけ待たすんだよお!」

 

「すみません。こちらになりますが…(ファイルをまくって何かを見せる)」

 

「はあ?それじゃ話が違うじゃねえか!」

 

「いえいえ…お客様、これがこうなのでどうしてもこうなってしまうんですよ…」

 

「ええっ?それじゃあ納得できねえよっ!」

 

どんな話なんだかわかりませんが、そんなに横柄な態度や乱暴な言葉遣いをする人の話ですから推して知るべしって感じですよね…

 

そして、だんだんとおじさんの声がエキサイトして大きくなってきたので、後ろで並んでいるワタシたちもハラハラしながらその光景を見ていました。

 

すると突然、カウンターの右側にいたサラリーマンぽい男性が、顔をキッと左に向けて、クレーマーおじさんを鋭い視線で睨みつけたのです!

 

おお!クレーマーおじさんを諌めようとしている、その凛々しい横顔よ…!

 

すると、おじさんは、何となくその視線に気づいたようで、急に黙り込んで、周りを見渡したりしながら貧乏ゆすりをし始めました。

 

ナイス!いいぞ!リーマン!!

 

もっともっと刺すような視線のレーザービームをお見舞いしてやれ!!!

 

ワタシなんて、もう完全に

 

リーマン★LOVE

 

ってうちわ振りたい気分満載!


f:id:izumisawasan:20191017132946j:image

 

クレーマーおじさんは、

「そこに貼ってあるポスターにちゃんと書いてあるじゃねえか!」などと更にイチャモンをつけていましたが、最終的に「但し書きを書いとけよっ!」という、アドバイス的な捨てセリフを吐いて出ていきました。

 

 

やっとコイツが出ていったので、サクサクと列も進み、ホッとした雰囲気になって、みどりの窓口の平和が取り戻されたのです!ピース!ピース✌

 

 

▼クレーマー撃退マニュアル▼

 

 

 

思い通りにならないからって怒鳴る人ホントきらいだよ〜