転んでもただでは起きない日常

アラフィフOLの読んで楽しい漫文ブログ 〜エンタメ・日常・アラフィフあるある〜

尿意があるのにあまりおしっこが出ない頻尿現象が続いている話【膀胱訓練中】

スポンサーリンク

f:id:izumisawasan:20200218143027j:image

おしっこがしたい!

おしっこがしたい!ああ…漏れそう〜!

という時、トイレに駆け込んで便器に座り、シャーっと出すものの、思ったより出なくてスッキリしない時ってありませんか?

 

そう…

 

シャーーーーーーっと出してふう〜っとしたいのに

シャーぐらいで終わってしまう不完全燃焼おしっこ

 

ワタシは最近このような現象が続いていて大変不快な気分なのです。

そして「ん?おしっこしたい?」と常に己の膀胱と会話をしているような状態なのです。

膀胱さんは「えっ?まだそんなでもないような気がしますけど・・・」なんていつも曖昧な答えを出してワタシを翻弄してくるの。

 

曖昧な答えなんていらないんだぜ!!!

オマエの本心が聞きたいんだぜっ!!!!

 

と、ヒムロックばりのステージングポーズでシャウティンしたくなりますが、膀胱さんはあいかわらずあい・まい・みー。

 

仕方ないので何度も何度もトイレに行くはめになっているのです。

 

そして出すたびにがっかり&不快なの…

 

これって中年女性あるあるなんですか?

 

頻尿について調べてみた

頻尿、ってことでいいのかいな?と思いながら調べてみたら、

 

頻尿の原因は様々ですが、過活動膀胱、残尿(排尿後にも膀胱の中に尿が残ること)、多尿(尿量が多いこと)、尿路感染・炎症、腫瘍、心因性に分けることができます。

 

説明を読んでみたところ、当てはまりそうなのが「過活動膀胱」「心因性頻尿」でした。

 

過活動膀胱とは、膀胱に尿が十分に溜まっていないのに、膀胱が自分の意思とは関係なく勝手に収縮するという病気で、急に尿がしたくなって我慢ができず(尿意切迫感)、トイレに何回も行くようになります。

脳卒中、パーキンソン病などの脳や脊髄の病気のために、膀胱のコントロールが効かなくなる、前立腺肥大症による排尿障害のために膀胱が過敏になる、などの原因で発生しますが、加齢による老化現象として起こったり、原因が不明(明らかな基礎疾患がない)のことも少なくありません。

1回の排尿量は少なく、何回もトイレに行くようになります。 

 

心因性頻尿は、膀胱・尿道の病気もなく、また尿量も問題ないにも関わらず、トイレのことが気になって何回もトイレに行ってしまう状態です。心因性なので、夜寝てしまえば排尿のことを気にすることはないので、通常夜間の頻尿はないことが多く、また朝起床時の排尿量は正常です。

 

引用:日本泌尿器科学会「尿が近い、尿の回数が多い ~頻尿~」より

尿が近い、尿の回数が多い ~頻尿~ | 日本泌尿器科学会 (The Japanese Urological Association)【一般のみなさま】

 

膀胱訓練をしてみた

ワタシの場合どっちなのかわかりませんけど、このバタバタしている時期に病院へこのくらいの悩みで行くのはあまり得策とはいえない気がするので、勝手に心因性だとします。

 

とすると、自分で心理的な訓練をすれば治るような気がしてきました。

調べてみたらやっぱりありましたよ!

 

「膀胱訓練」なるものが!

 

できるだけ我慢してみる方法です。

ただし、我慢しすぎると「膀胱炎」になりかねないので注意しながらやる必要があります。

 

ちなみに膀胱炎には30代にしょっちゅうかかっていました。

 

なるたびに「トイレにはすぐに行く」「菌を出すために水をたくさん飲む」ことを誓うんですが、トイレにはすぐに行く、のは習慣づきましたけど水をたくさん飲む方はいまだに習慣づきません。

もともとあまり水分を摂らなくても大丈夫タイプなのです。

 

で、今回の膀胱訓練をやるに伴い「水分をたくさん摂る」ことも加えてみました。

 

水分たくさん→おしっこがしたくなってきた?→いや、まだだ。他のことをして気を紛らわせろ→水分たくさん→おしっこ?→いや、まだだ。トイレは近くにあってすぐに駆け込めるんだからもうちょい我慢だ→→来た〜!!!

 

の段階を踏んでやっとこさトイレにむかうようにしたのです。

 

トイレから人が出てこなくてヤバみ

そんなこんなの訓練をしているんですが、先程、会社の女子トイレにギリギリ段階で駆け込もうとしたところ、

 

誰かが入っていました

 

そんな時に限って、トイレの横にある給湯室で誰かがじゃあああああ!!っとポットに水を加えているのです。

 

ご存知ですか?

 

尿意でぐぬぬぬ状態のときに水が流れる音を聞くとさらに尿意が増すのよ♡

 

ピッ・・・

チュルン

 

ところがどっこい、ワタシは常におりものシートをパンツに貼り付けておりますからチュルンぐらいじゃあ大丈夫です!!!

 

しかし驚異的な括約筋のおかげでなんとかチュルンで収まりましたがこのままだとダラダラ行っちゃいますので、ワタシは意を決して他の階のトイレに行きました。

 

一歩一歩、階段を踏みしめながら・・・括約筋を緩めないように緩めないように。

 

あ!!空いてる!!!

 

その階の女子トイレは空いていました。

 

ホッとしてパンツを下ろす直前、またしてもチュルンしちゃいましたが、シートの貯水力ってすごいですね!

全面に水分が広がりましたが、漏れることはありませんでした。

 

そしてこの時のおしっこは、念願の

シャーーーおしっこで気分爽快だったよ〜!

ふぅぅう♪

 

 

 

膀胱訓練は家でしかやらないようにしようと思う今日この頃です。

 

けっこう改善されてきたよ〜