転んでもただでは起きない日常

アラフィフOLの読んで楽しいなんでも雑記 〜エンタメ・日常・アラフィフあるある〜

切実なレス離婚の体験話【コミック&本紹介つき】

f:id:izumisawasan:20190911125723j:image

昨日の記事にポロっと書いてしまった元ダンナのこと。

反響があったので、本日は切実な過去の話をつらつら書きます。

ついてこいよ〜!!

 

もともと淡白 

つきあっている時からおかしかったのです。

一人暮らしのワタシの部屋に遊びに来た時も、一人暮らしのカレの部屋に遊びに行った時も、

 

何もしない!!

 

シャイ・ボーイなのかしら?

いきなりガバッと覆いかぶされるのもイヤだしぃずいぶん紳士的なんだなー。

大切に思ってくれてるんだなー。程度に思っていたのです。

 

話してると趣味も合って楽しいし、ユーモアもあるし、前の彼女の話なんかも照れながらしてくるからゲイというわけでもなさそうだったんですけどね、、、

 

 

 

❤❤❤(●´ω`●)

 

 

で、A、Bと進んでちょっといい雰囲気になっても、ぺちょぺちょと当ててくるだけで入れない!!というかシナリンチョしてるから入らない!!

なーんかおかしいな〜…

でも、早く結婚したいからいいか!めんどくさくないし!いい人だし!

 

うん、結婚すれば大丈夫!!

 

当時29歳のワタシは焦っていたのです。

30までに結婚しないとみんなからバカにされる・・親だって安心させたい。

ナゾの焦燥感に追い立てられるように、ワタシはカレに結婚を迫りました。

 

「あのさー、別々に住んでても家賃ムダじゃない?いっしょに住みたいけどウチの親、同棲ぜったい認めないからいっそ結婚しない?」

 

「…えっ?……うん、いいよ…」

 

なんつー横暴さ!強引さ!

ホントにホントにこの頃の泉沢にバックドロップ食らわせたいわ!!

かわいそうなことに、カレは押し切られて泉沢と結婚することになりましたとさ。

 

めでたし

めでたし🎉

 

 

趣味が合うから二の次にしていた

とはならず、

結婚したからって例の下半身事情は相も変わらず、ぺちょぺちょ⇒終了

だったのです。

 

新婚旅行だってなにもなかったのです…

(信じられる〜?) 

 

 

この時点で

気づけば

よかった

 

このことについてカレはまったく何も言わないし、ワタシも「いつも調子悪いのかな〜?でも、まあそのうち普通になるんじゃない?」なんて呑気に構えていたのです。

 

とにかく趣味とかセンスが合っていたので日々が楽しくて、そういうことは二の次にしていたんですよね〜。

 

ちなみに、カレの名誉のために書きますけど、たまーにうまくいく時もありました。

10年の結婚生活のうち、年3回ほど合計約30回してそのうち3回くらいの成功でなんとかなったのです。

 

10年で3回!!子作りどころじゃねえっ!

 

 

問題から逃げる人

「なんかおかしいから病院とか…どう?」とか言えばよかったのかもしれませんが、こういうことってなかなか言えないものです。

 

そんでたぶん言ったとしても、目をそらして「そうだね…あはは」と答えて何もしなかったと思うのです。

何ごとに対しても現実から目をそらして逃避するタイプの人だったから。

(まあ、ワタシ自身が、そういうポワーンとした人が好きだったから仕方ないんだけど)

 

「いやー…だって、いつも家の中でだらしないカッコしてるじゃん?」と言われた時も、自腹で買ったセクシーランジェリーを付けてみたり、「いやー…だって、もう家族みたいだからさあ…」と言われた時も「えっ?じゃあ普通の夫婦ってみんなどうなのよ?」と言ったさ。

 

子供だって欲しかったから「子供、欲しくないの?」って聞いても「…そりゃ欲しいよ〜」って、それいったいどういうことよ?

聖母マリア様じゃないっつーの!!!

 

友達としてはとても良かったし楽しかったけど、夫婦ではなかったな〜。

女性として認められてない感じが常にしていて、自己肯定感ダダ下がりだし、ちょっとこの人いいな〜と思ったらフラフラ行きかけちゃうし、精神的に不安定だったと思います。

 

ワタシは女だから男性のそういうの理解できないんだけど、実際、カレがEDだったのかもよくわからないんですよ。

1回、自分でやってるところを見てしまったから…

(修羅場)

 

ひょっとしたら浮気をしていたのかもしれないし、ワタシのことを潜在的に怖がっていたからできなかったのかもしれないし。

 

そうして、悩みがつのっていったワタシは、一向に何もしない元ダンナをだんだん冷めた目で見るようになり、お互いの気持ちが冷え切って、ついに離婚。

そうです。杉本彩と同じレス離婚だったのです。

 

昨日は、懸命に隠していたらしい、と書きましたが、雑な書き方でしたわ。

ワタシが懸命に見ないフリをしていた、んですね。

 

ワタシのせいでもあるし、元ダンナのせいでもあるから離婚に関してはなんともですけど、

レスに関しては、ワタシの心に深いふかーい傷がついたのは確かです。

いまだにトラウマだし。

 

で。

今はハレバレとしておりますが、

結構多いみたいですよ。こういうケース。

言えないだけで悩んでる人、かなりいると思います。

 

レスに悩む人にオススメコミック(女性向け) 

コミックで共感しまくるのもいいかも〜!

 

▲これに出てくるダンナ、そっくりすぎてびっくりしたわ!!w 

  

▲ノンフィクションコミックだから身につまされた(同じようなことしてた)

 

▲読んでないけど検索で出てきたのでご紹介〜

 

本で調べてみよう

 

 

▲精神的なものじゃないかと思う方は読んだらヒントが見つかるかも?

 

 

悩んでいる方へ

レスで悩んでる人に言いたいのは、

 

こっちが、悩んでるんだってことを伝えても、逃げ回って全然なんにも変わらない相手なら、もうどうしようもないから別れた方がスッキリするよ!

 

ということです。

特に、子供が欲しいなら、時間だって限られてるんだからスパッと!

(ワタシは後悔してるから…)

 

一緒に解決法を考えられないなら、それはもう家族じゃないよね。

 

 

コメントをどうぞ

このブログのコメントは承認制にしています。

(ブコメじゃなくてコメントね)

ワタシだけがはてなからのメールで内容を見ることができて、承認すれば載っかる形ですので、

 

載せてほしくないけどコメントしたいよ〜!泉沢さんに聞いてほしいよ〜!という悩める子羊ちゃん、どうぞどしどしコメントを送ってくれたまえ!

 

コメント掲載しないで〜!って書いてくれたら絶対掲載しません。

 

秘密厳守で扱いますのでご安心を!(産業カウンセラー資格持ってるよ)

お返事はできないけど、ちゃんと読ませていただきます。

もしお返事が欲しい方は捨てメアドとか添えてくれれば、そちらにお返事しまーす!

 

 

ふう〜デリケートな話になっちまったので明日からは通常運転に戻しま〜す☆