転んでもただでは起きない日常

アラフィフOLの読んで楽しいなんでも雑記 〜エンタメ・日常・アラフィフあるある〜

洗濯ピンチロシアンルーレットを毎日やっている

ウチの洗濯ピンチハンガー

プラスチックって日光で劣化するじゃないですか?

洗濯ばさみもすぐ劣化して、使おうとしたらパキッ!!!と折れちゃったりするじゃないですか?

 

こーの根性なしが!!!!!

 

で、ワタシは毎日、洗濯をしているのですが、下着やタオルなんかは洗濯ピンチハンガーで干してるんです。

 

ウチの洗濯ピンチハンガーは5年ほど前にダイソーで買った、当然、プラスチック製のものなのですが、20個付いて20個使えるはずの洗濯ばさみが、今は19個しか付いていなくて16個しか使えていないのです。


f:id:izumisawasan:20190923112717j:image

 


f:id:izumisawasan:20190923112726j:image

違う角度から撮った写真を二枚載せてみました

おわかりいただけたであろうか…

 

つまり、1個外れてしまい、残り19個のうち3個は劣化して、洗濯ばさみとしての責任を果たしてくれなくなっているのです。

 

ですから、今現在、16個ピンチハンガーなのです。

さすがに10個ピンチハンガーになったら取り換えようと思っていますよ。

だって、すでに予備はAmazonセールで買ってあるので、今すぐにでも取り換えることだってできるんですから。

ギリギリまで使うエコな人とも言えますが、本性はただの貧乏OLです。

 

それはそうとして、

この洗濯ピンチハンガーを使うときはいつも「あっ!これ使えないヤツだった~」とか「あっ!使えるヤツだったラッキー!」などとブツブツ言いながらボロいパンツなどを挟んでいるので、はっきり言って、一体なにやっているんだろう?取り換えればいいだけじゃん?とも思うんです。

 

横にかかっている、出番待ちの新品ピンチハンガーを見ながら…

 

  

ロシアンルーレットを毎日するのはもう嫌だ!

このピッカピカのステンレスちゃんピンチに挟みたい!!

 

しかし、古女房のごときダイソーピンチを捨てることなぞできないのです。

20個のうち16個しか使えなくなっても、まだワタシのために働いてくれている…

捨てることなんてできないっ!

できないよう~できないよう~

 

そして、今、古女房ピンチハンガーは強風の中踏ん張って、ぼろ下着を挟んでくれているのでした。

 

そろそろ取り換えるか…