転んでもただでは起きない日常

アラフィフOLの読んで楽しい漫文ブログ 〜エンタメ・日常・アラフィフあるある〜

Wi-Fiが切れて下書きを更新できなかった話

f:id:izumisawasan:20191107151345j:image

 

泣いた。

 

先程、渾身の駄コンを書きあげて、いつものように左下の「下書きを更新する」ボタンを押したのです。

 

「下書きを更新する」ボタンの青色🔵が、うすらぼんやりするだけで画面が変わらないから、なにか嫌な感じがしました。

 

ぎゃ、ぎゃーす…!

Wi-Fiが切れていた!!

 

案の定、下書きは更新されず、無残にも消え失せてしまったんですわ〜

 

つい数分前までノリノリでキーボードを打ちながら書いていたあの楽しい気分が、一瞬でどん底に。

 

まるで人生のようだね、パトラッシュ…

(そんなセリフあったっけ??)

 

 

実は、SKAと書いてから、「あ、そうだ!スカといえばスペシャルズだよな〜!知らない人も多いだろうから貼っとこ」と思って、右横のAmazon商品リンクから「スペシャルズ」と入れてミュージックで検索したら、ずーーっと四角い■がチマチマ回ってるだけで結果が出てこないから、不穏な前兆はあったのです!

 

スペシャルズのベストを愛聴していました。

今なら出せるので載せておきます。

 

Specials

Specials

 

 

それはともかく、何が言いたいかというと、

先程の昼休みにダッシュで書き上げた駄コンが一瞬でパァになってしまったため、今日の更新記事はこんな感じで、仕事のヒマを見つけてスマホでチクチクしながら書いている、ということです。

 

そんなにしてまで時間通りに更新したいの?

大丈夫?泉沢さん?

強迫性神経症?

 

もはやそれに近いかもしれんわ…

そうしないと気持ち悪くなっちゃうようになりました。

 

こんな体になってしまいました。

 

いつもみたいに字に色をつけることもできず、本格的につまらない、駄コンオブ駄コンになってしまい、痛恨の極みです…

 

ただ、このスマホで「だ」と打つだけで「駄コン」が出てくるようになったことだけが唯一の良かったことです。

 

以上である。

 

やっぱり駄コンの予備がないときっついな…