転んでもただでは起きない日常

アラフィフOLの読んで楽しい漫文ブログ 〜エンタメ・日常・アラフィフあるある〜

新しい洗濯機が搬入された話【イケメンがやってきた!!】

スポンサーリンク

洗濯機の交換をした

覚えていらっしゃいますか?

先月、Y電気にて新しい洗濯機を購入したという話を。

 

www.izumisawasan.tokyo

 

この記事の通り、一ヶ月待ち、ついに予定日だった土曜日に新品の洗濯機が到着しました。

 

前日の夕方に「明日の13時ごろにお届けの予定ですー」と連絡を受けたんですが、ぶっちゃけ、「まだ届いていません」もしくは「この事態が収束してからのお届けになります」などの連絡が来ると思っていたので拍子抜けしました。

 

知らない人が洗濯機を持ってきて設置してくれるわけですから、神経質なお客さんだったら大変なんじゃない?

 

ワタシはそこまで神経質じゃないけど、念の為、部屋中の窓全部を大開放し、マスクをがっつり装着して待っていたのです。

 

そうしたらですよ、

黒いピッタリしたマスクをした背の高い若者が爽やかに登場〜!!!

 

「こんにちは!!Y電気の〇〇です!!洗濯機をお持ちしましたっ!!」

と、微笑みながら名刺をくれたので

(えっ?想像してたより若くてイケメンぽい人が来たぞ!)と内心あたふたしましたが、

「あ、どうも〜、よろしくお願いします〜」と普通を装って、入っていただき、洗濯機の位置を案内し、古いやつを持っていってもらい、新しいやつを設置してもらいました。


f:id:izumisawasan:20200427154911j:image

 

ねえ

ねえ…

 

イケメンが

ウチの

小汚いクッション素材の床に

どっかりと座って

設置してくれたのよお〜

 

とても申し訳ない気分になりましたが、イケメンは手慣れた様子で水道に管を取り付け、排水ホースを上手い角度で出して排水口に付け、試運転をし、「水漏れもありませんのでこれで大丈夫ですっ!!」と言って、涼やかな目元を見せてくれました。

 

最後に確認のサインをする際も、ボールペンを貸してくれ、ササッと書くとお礼を言ってくれました。これまた爽やかに。

 

ありがたいことです…

(心の中で合掌)

 

ルックスがいいということは、それだけで、すべての行ないが普通の人に比べて5倍はステキなものになるのです。

 

そう考えると、接客・営業を生業とする人は自分のルックスを磨く必要があるんだな〜

だって、ルックスいいだけで断然全てが有利になるんだもんね。

 

イケメンがもっと搬入してほしい

ちなみにY電気のイケメン、185cmくらいの細マッチョでさあ〜、有吉ゼミでヒロミに弟子入りしてリフォームしてるジェシー君みたいな体型で、顔は中島裕翔君みたいな感じよ⁉

 

IMAGINEしてみてほしい・・・

下の部屋にデッカちゃんというバケモノ、上の部屋に中島裕翔顔のジェシーがいる…そんなボロアパートを。

 

地獄の一階

天国の二階

 

ワタシなら一階をぶっ壊したくなります。

 

さて。

 

丁寧にお礼を言って送り、さっそくピッと洗濯してみたらバッチリ!

狭い所にぴったり収めてくれた上、水道も排水もスンナリできました。

イケメンなのに仕事も早くて上手いだなんて…!

 

大体こういう搬入って40代頭くらいの無愛想なオッサンが来がちで、仕事も息きらしながら雑にやる人が多い印象なんだけど、

 

愛想がよくて

仕事も早くて上手い

ハァハァ言わずに涼しい顔のままの

若い細マッチョイケメン

 

が、こういう仕事をもっとやって欲しい!

 

と思いました。

(多少搬入代金にサービス料がプラスされてもいい)

 

今回、オッサンだったらめちゃくちゃ洗濯機を除菌しまくっただろうけど、ちゃんとしたイケメンだったから軽ーく水拭きだけしたことをここに告白します。

 

以上です。

 

ハァハァ言いながら作業される感じがストレスなんだな〜とわかったわ…