転んでもただでは起きない日常

アラフィフOLの読んで楽しい漫文ブログ 〜エンタメ・日常・アラフィフあるある〜

映画「1917 命をかけた伝令」がすばらしくてパラサイト超えしていた件

スポンサーリンク

 映画「1917 命をかけた伝令」を観てきた

 先日、こちらの映画を観てきました。

 

今回のアカデミー賞で撮影賞・録音賞・視覚効果賞を受賞した映画ですが、この際言い切っちゃいましょう・・・

 

作品賞と主演男優賞&助演男優賞を取っても良かったんじゃないかっ?

と・・・

 

それほどすばらしい映画だったのです!

 


『1917 命をかけた伝令』TVスポット(リミット編)

 

 

「007 スペクター」「レボリューショナリー・ロード 燃え尽きるまで」などで知られる名匠サム・メンデスが、第1次世界大戦を舞台に描く戦争ドラマ。

 

若きイギリス兵のスコフィールドとブレイクの2人が、兄を含めた最前線にいる仲間1600人の命を救うべく、重要な命令を一刻も早く伝達するため、さまざまな危険が待ち受ける敵陣に身を投じて駆け抜けていく姿を、全編ワンカット撮影で描いた。

 

1917年4月、フランスの西部戦線では防衛線を挟んでドイツ軍と連合国軍のにらみ合いが続き、消耗戦を繰り返していた。そんな中、若きイギリス兵のスコフィールドとブレイクは、撤退したドイツ軍を追撃中のマッケンジー大佐の部隊に重要なメッセージを届ける任務を与えられる。

 

戦場を駆け抜ける2人の英国兵をジョージ・マッケイ、ディーン・チャールズ=チャップマンという若手俳優が演じ、その周囲をベネディクト・カンバーバッチ、コリン・ファース、マーク・ストロングらイギリスを代表する実力派が固めた。

 

撮影は、「007 スペクター」でもメンデス監督とタッグを組んだ名手ロジャー・ディーキンス。第92回アカデミー賞では作品賞、監督賞を含む10部門でノミネートされ撮影賞、録音賞、視覚効果賞を受賞した。

 

引用:映画.com

1917 命をかけた伝令 : 作品情報 - 映画.com

 

第一次世界大戦時のフランス戦線が舞台です。

イギリス軍の若い二人が味方に大切な伝令を伝えに行く、ってだけの話なんですけど、戦争映画にありがちなどんよりした空気が続く感じではなく、サクサクとスピーディーに進みます。

 

この映画の見どころとして「驚異のワンカット撮影」があります。

 

いや〜、これねえ、すごいんだわ…

こんなの若い男子じゃないとできないよーーーー

えんえん走り続けるわ、えんえん銃弾を避けて走り回るわ。

 

えんえん続けないといけないから演じている人もスタッフも超大変です。

そのおかげで、自分も戦場にいる気分にさせられました。

 

ただ、ワンカット撮影の弊害として、周りに何があるのかどんな状況なのかがわかりづらいんだよね。

だから唐突に事件が起こったり、知らない人が現れたりするの。

 

まあ逆にそれがリアルなんだけどさ〜

 

手汗びっちょりかいたわ

 

雑感想

恒例の雑感想です。

 

・主人公の二人の若者がとてもいい。


f:id:izumisawasan:20200226112837j:image

▲最初に上官に呼ばれるブレイクくん

 

伝令を伝えないと、お兄さんがいる軍隊が全滅してしまうのです!

友達のスコくんの手をとって誘います。

 


f:id:izumisawasan:20200226112844j:image

▲クールなスコくん

 

最初は明らかに面倒くさがるんですがw、ある悲劇が起こる中盤以降、がぜん情熱的になります!

 

二人とも完璧!パーフェクト!!いい役者さん!!

 

・塹壕の人混みの中を走り抜けるシーンがすごい

 

イギリス軍の野外塹壕の中を二人が走るシーンが最初のインパクトシーンです。


f:id:izumisawasan:20200226114336j:image

▲延々と続く塹壕

 

もちろん上に上がったりしたらドイツ軍の狙撃兵から狙い撃ちされます。

 

塹壕の中には兵隊、兵隊、兵隊、兵隊・・・・

座ってぼんやりしてる人、なんか食べてる人、怪我人を運ぶ人、などなど。

 

ぶつかって怒られたりしながらこの中を小走りで走っていく二人を応援したくなるよ〜!

 

・命の儚さ

中盤であっと驚く事件が起こって、ほんとあっという間に人って死んじゃうんだな…と思わせられます。

 

このコミックを思い出しました。

 

▼戦争であっけなく死ぬ人々がかわいらしい絵で描かれている名作▼

ペリリュー ─楽園のゲルニカ─ 1 (ヤングアニマルコミックス)
 

こちらのコミック、すばらしいので超おすすめです。

 

・自然の美しさと光の演出

桜の花びら、緑の木々などの自然の美しさと照明弾などの光と影の演出が素晴らしかったです。

 

・ストーリー的にはまあまあ

「プライベートライアン」と「硫黄島からの手紙」と「ダンケルク」を足して3で割った感じがしました。

  

▼ストーリー的にちょっと似てた▼

プライベート・ライアン [Blu-ray]

プライベート・ライアン [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: パラマウント
  • 発売日: 2019/04/24
  • メディア: Blu-ray
 

 

▼同じ軍にいてもいろんな人がいる(ニノが頑張ってる)▼

硫黄島からの手紙 [Blu-ray]

硫黄島からの手紙 [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • 発売日: 2010/04/21
  • メディア: Blu-ray
 

 

▼映画館で観て手汗ビチョビチョになった▼

ダンケルク [Blu-ray]

ダンケルク [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
  • 発売日: 2018/06/13
  • メディア: Blu-ray
 

 

よく考えたら単にワタシが好きな戦争映画ベスト3なだけでした。

 

「フルメタル・ジャケット」とかも好きですが、よりリアルな人間ドラマちっく戦争映画の方が好きだ〜

 

この映画、ワンカット撮影云々よりも内容がとても良かったのでぜひぜひ!!!

 

1917-movie.jp

 

この映画は映画館で観るっきゃない!!!!